Masato's IT Library

Microsoftの製品・サービスを中心に,色々と書いていきたいと思います

Bash on Ubuntu on Windows (WSL)のシェル配色テーマ変更

既定の配色だとカレントディレクトリetc. が大層見にくいので,こちらの記事に沿って変更

www.hanselman.com

f:id:mst8000:20170731150948p:plain:w600

配色テーマのダウンロード

wgetここから dircolors.ansi-universal を取得
このとき,保存ファイル名を .dircolors にして ~/に保存します

github.com

wget -O .dircolors https://raw.githubusercontent.com/seebi/dircolors-solarized/master/dircolors.ansi-universal

配色テーマの適用

.bashrc を再読み込みして適用します

source ~/.bashrc

f:id:mst8000:20170731154228p:plain:w600

プロンプト文字列のカレントディレクトリの色を変更

ついでに,カレントディレクトリの色も青だと見づらいので,シアンにでも変更しておこうと思います

.bashrc の60行目付近

if [ "$color_prompt" = yes ]; then
    PS1='${debian_chroot:+($debian_chroot)}\[\033[01;32m\]\u@\h\[\033[00m\]:\[\033[01;34m\]\w\[\033[00m\]\$ '
else

if [ "$color_prompt" = yes ]; then
    PS1='${debian_chroot:+($debian_chroot)}\[\033[01;32m\]\u@\h\[\033[00m\]:\[\033[00;36m\]\w\[\033[00m\]\$ '
else

に変更して,.bashrc を再読み込みします

source ~/.bashrc

ずいぶんと見やすくなりましたね

f:id:mst8000:20170731155327p:plain:w600

よいWindows Subsystem for Linux(WSL)ライフを!

BugCheck (ブルースクリーン)発生時の便利ページ

docs.microsoft.com

個人用 Git おぼえがき

コミット

すべての追加変更ファイルをステージする
git add .

コミットを作成
git commit -m "commit message"

リモートに反映
git push

ブランチ

ブランチの作成

git branch [branch name]

ブランチの移動

git checkout [branch name]

ブランチの削除

git branch -d [branch_name]

ブランチ名の変更

git branch -m [branch_name]

ブランチの一覧

ローカルブランチを一覧する
git branch

リモートとローカルブランチを一覧する
git branch -a

リモートブランチを一覧する
git branch -r

ブランチに別のブランチの変更を反映させる

masterブランチから派生したotherブランチを編集中にmasterブランチに加えられた変更をotherブランチに取り込む

mergeバージョン

git checkout master
git pull origin master
git checkout other
git merge master
git add .
git commit -m "merge message"
git push

rebaseバージョン

git checkout master
git pull origin master
git checkout other
git rebase master

コンフリクトが発生したら修正して
git add .
git rebase -continue

rebaseを中断するには
git rebase --abort

最後にリモートに反映
git push -f

参考ページ
backpaper0.github.io

VS CodeからTeXのコンパイルを出来るようにするまで(仮)

VSCodeに拡張機能を加えることで,コンパイル→PDF出力をできるようにする方法
日本語対応,游明朝・游ゴシック埋め込み対応です

環境

日本語対応LaTeXのインストー

北大の阿部先生が開発している 「TeXインストーラ3」を用いて,日本語用のLaTeX環境をインストー

http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~abenori/soft/abtexinst.html

VSCodeへの拡張機能のインストー

拡張機能から,「LaTeX Workshop」を検索してインストー

marketplace.visualstudio.com

記事執筆時点では Version 2.4.0

拡張機能の設定

  1. Ctrlキー + コンマ(,) で設定ファイル(setting.json)を開く

  2. 右側の設定ファイルの最後の “}"の前に次のコードを貼り付けて保存

,
"latex-workshop.latex.toolchain": [
        {
            "command": "platex",
            "args": [
                "-synctex=1",
                "-interaction=nonstopmode",
                "-file-line-error",
                "-jobname=\"%DOCFILE%\"",
                "-kanji=utf8",
                "-guess-input-enc",
                "%DOCFILE%.tex"
            ]
        },
        {
            "command": "platex",
            "args": [
                "-synctex=1",
                "-interaction=nonstopmode",
                "-file-line-error",
                "-jobname=\"%DOCFILE%\"",
                "-kanji=utf8",
                "-guess-input-enc",
                "%DOCFILE%.tex"
            ]
        },
        {
            "command": "dvipdfmx",
            "args": [
                "-f",
                "yu-win10.map",
                "%DOCFILE%"
            ]
        }
    ]
  • platexを2回実行したのち,dvipdfmxでPDFを出力する
  • 日本語フォントはスタイルシートで指定がない限り游明朝および游ゴシックが埋め込まれる