読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masato's IT Library

Microsoftの製品・サービスを中心に,色々と書いていきたいと思います

ネットワーク接続がおかしくなった時に試すこと

ネットワーク

ネットワーク接続がどうもおかしくなった時に試すことを書き並べます.

0. 本当に切れているのか確認

コマンドプロンプトWindows)やターミナル(Mac)を起動して,ping 8.8.8.8と打ち込んでEnterを押します.
Windowsなら,WindowsキーRを同時に押して,出てきたダイアログにcmdと打ち込んでEnterを押せば立ち上がります.

次のように「損失が0%」と表示されれば,インターネットにはつながっています.

ping 8.8.8.8

8.8.8.8 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =10ms TTL=58
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =7ms TTL=58
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =14ms TTL=58
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =16ms TTL=58

8.8.8.8 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 7ms、最大 = 16ms、平均 = 11ms

続いて,ping www.google.co.jpと打ち込んでEnterを押します.

ping www.google.co.jp

www.google.co.jp [216.58.197.131]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
216.58.197.131 からの応答: バイト数 =32 時間 =19ms TTL=54
216.58.197.131 からの応答: バイト数 =32 時間 =18ms TTL=54
216.58.197.131 からの応答: バイト数 =32 時間 =20ms TTL=54
216.58.197.131 からの応答: バイト数 =32 時間 =26ms TTL=54

216.58.197.131 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 18ms、最大 = 26ms、平均 = 20ms

こちらも損失が0%なら問題はありません.

1. Windowsネットワーク診断による自動修復を試す(Windows

次の記事に従い,XP以降のWindowsに標準で装備されているネットワーク診断ツールを実行してみます.
すぐに修復可能な問題が見つかれば,自動で修復を実行してくれます.

www2.mouse-jp.co.jp

2. IPアドレスの強制再取得(Windows

スタートメニューから「コマンドプロンプト」を探して,右クリック,「管理者として実行」をクリックしてください.

f:id:mst8000:20160913005055p:plain:w400

黒い画面が立ち上がったら,次のコマンドを1行づつ順番に入力してEnterを押してください.

ipconfig /release *
ipconfig /flushdns
ipconfig /renew

3. LANケーブル・無線LANアダプタの確認

有線LAN接続の場合はLANケーブルが抜けていないか,無線LAN接続の場合はアダプタが抜けているもしくはOFFになっていないことを確認しましょう.よくあることです.

4. PCの再起動・掃除

解消されなければ,とりあえず,PCを再起動しましょう.
もし,PC内部が埃で詰まっているようなことがあれば,シャットダウンしてACアダプタを抜き,内部を掃除してください.
熱がたまるといたるところに不調が現れます.

5. ルータの再起動

それでも治らなければ,途中にあるルータやスイッチングハブをすべて再起動しましょう.
大体はACアダプタをぶちっと抜いて,ちょっと経ってから差しなおせばOKです.

6. ネットワークアダプタの初期化(Windows

ネットワークアダプタを初期化してみます.
2.と同様に,コマンドプロンプトを管理者として実行してください.

続いて,次のコマンドを入力してEnter,完了したらPCを再起動してみてください.

netcfg -d

それでもなおらん

以上の手順を試しても復旧できない場合は,デバイスに物理的な問題が発生している,もしくはインターネットプロバイダに障害が発生していることが考えられます.